写真に残す思い出

新郎新婦

撮影当日失敗しないために

一生の思い出に残る結婚写真ですから、よりよい物を残したいものです。 より失敗しないためには前撮りがおすすめです。 余計な費用がかかると嫌煙する方もあると思いますが、結婚式の当日写真を撮るのは、思う以上に大変な作業です。 新郎新婦はとにかく忙しく、進行が遅れてくれば、写真撮影の時間がまず削られていきます。 結婚写真をきれいに残したいなら、やはり前撮りです。 失敗しないために確認しておくべき事は、ロケーション撮影をする場合は雨天時の対応です。延期が出来るのか、その場合は追加料金が発生するのか、この二つを確認しておきます。 また、自分達のカメラでの撮影が出来るかを問い合わせましょう。この対応は業者事に大きく違いますので、確認は必須です。

前撮りで式当日を円滑に

前撮りの最大のメリットは、式当日の進行を写真撮影で妨げないと言う事です。 親族や参列者との集合写真は仕方ないにしても、新郎新婦だけで撮る結婚写真をあらかじめ前撮りしておけば、撮影時間の分だけ余裕が出来ます。ただでさえ当日は時間に余裕はありません。忙しくて引きつった顔が結婚写真として一生残らないよう、前撮りは美しい写真を残す一工夫と言えます。 前撮りは撮影時間にも余裕を与えてくれます。リラックスしての撮影なら、カメラマンはプロですから、普段は仏頂面の男性でも思わぬ笑顔を引き出してくれる物です。 また前撮りしておけば、引き出物に2人の写真を使用したり、ウェルカムボードにお気に入りの写真を使用出来たりできます。 10万円から20万円の費用がかかってしまいますが、前撮りは思い出深い結婚式を演出する一つの工夫と言えるのではないでしょうか。

Copyright© 2017 写真で残せる愛のカタチ|費用かけないフォトエンディング All Rights Reserved.